Alliance of Valiant Arms(A.V.A)のレビュー評価!口コミや評判、攻略情報など

Alliance of Valiant Arms(A.V.A)とは

FPS業界を震撼させる無料オンラインゲームのA.V.A。 グラフィックにUnreal Engine3を使用し、映像美と演出面を追求したゲームとなっている。 このUnreal Engine3の使用で、建造物の重厚感、銃弾によって破壊されるオブジェクト、 環境マッピングによる太陽光の光源処理の反射光、照明がおとす影の濃度までが演算されていて、 今までのゲーム以上にリアル感を向上させているFPSゲームと言えるぞ!

グラフィックといえば、写真を見てもらって分かるように、作り込みの深さには驚かされる。 PCパーツの高性能化やVistaの登場によってパソコン自体のグラフィック性能が高まった背景もあるが、 ここまでのグラフィックはA.V.Aの制作スタッフの技術も評価しておきたい。

YouTube動画

スペック情報

必須スペック 推奨スペック
インテル Pentium4 1.6GHz以上 Intel Core i7 以上
2GB以上 4GB以上
NVIDIA GeForce 9800 GT 以上 または上記と同等のグラフィックボード NVIDIA GeForce GTS 450 以上 または上記と同等以上のグラフィックボード
DirectX9.0c以上 DirectX9.0c以上

無料会員登録(下記の画像をクリック)

Alliance of Valiant Arms(A.V.A)の特徴

兵種の存在しないFPSは、基本的には自分の腕と武器の性能で勝敗が決まる。 特にスナイパー系の武器を装備すると強力無比で近づくことすら困難な状況も生まれてくる。 このA.V.Aでは3種類の兵種に性能差を持たせて、有利不利の関係(バランス)がうまく調整されている作りになっている。 例えば、ポイントマンと呼ばれる接近戦型の兵種は、移動速度が他より5%優れていてスナイパーには照準がつけにくい。 しかし防御力が低いのと射程距離が短いため、中距離に優れているアサルトマンとの正面決戦には不利となる。

アサルトマンは他の兵種よりダメージを5%軽減する防御力を持っているが、足が遅いためスナイパーには格好の的になる。 スナイパーは防御力が最弱なため近接攻撃には非常に不利。 このように各々に明確な役割や一長一短があるため、それを補う連携プレイや戦術そのものの幅が広がり、よりゲーム性を高めているのが特徴だろう。ちなみに本ゲームでは人気声優の大塚明夫氏が声を担当しており、戦場であの渋い声が・・・戦場ゲームファンにはたまらなのではないだろうか。

Alliance of Valiant Arms(A.V.A)の画像やSS(スクリーンショット)

Alliance of Valiant Arms(A.V.A)の評判

  • 無料FPSの中ではだんとつにグラフィックがいい。
  • 音にも力を入れていて臨場感がある。
  • 課金は少し有利だが無課金者でもなんとかなる。
  • グラフィックが綺麗なのに、それほど高スペックのPCを必要としない。
  • 武器が豊富でやりこめる。モードが多くMAPも多い。

無料でゲームするなら、今すぐ下記の画像をクリックして会員登録へGO!!

MMORPG

アクションゲーム

フライトシューティング

FPS/TPS

レースゲーム

スポーツゲーム

アバターゲーム

2D横スクロールゲーム

トレーディングカードゲーム(TCG)

シミュレーション/戦略ストラテジー

ネット対戦/ボードゲーム