ドリフトシティ(driftcity)のレビュー評価!口コミや評判、攻略情報など

ドリフトシティ(driftcity)とは

アニメのようなスピード感、爽快なドリフト。演出がアニメを見ているようなレーシングゲーム。久々に心を躍らされるゲームに出会った。ドリフトシティはコンシューマーゲームでカプコンから発売された「アウトモデリスタ」をイメージさせる。ポリゴンで構築し、アニメ調に描写するカートゥーン・レンダリングを使用。演出面もアニメーシンやマンガのようなテイストで仕上げられている。

リアル系ゲームのグランツーリスモなどが人気が高い昨今だが、やはり爽快感やゲーム性など、ユーザーの興奮度、満足度を高めるのは、この手法が新しいと言える。

実際にゲームをして映像を見てもらうのが一番だが、疾走感やドリフト時の演出手法が好感度大。ブースター使用時の迫力も一見に値する。ジャンプ台も用意されており、ブーストとドリフトを使用しながらのジャンプへの挑戦は爽快の一言。まずはプロモーションムービーでゲームイメージを体感して欲しい。

YouTube動画

スペック情報

必須スペック 推奨スペック
Pentium4 1.8GHZ以上 Pentium4 2.4GHz以上
256MB以上 1024MB以上
Geforce4 MX 64M以上 GeForce 8500GT 以上
DirectX 9.0c以上 DirectX 9.0c以上

無料会員登録(下記の画像をクリック)

ドリフトシティの特徴

ドリフトシティは演出面だけではなく、そのゲーム性も他のレースゲームとは一線を画するのだ。対戦が主流の他レースゲームに比して、ドリフトシティのゲームモードは5種類ある。

クエストモード

クエストモードはドリフトシティのストーリーを楽しめる。見回り、輸送、尾行、潜伏などの多彩な任務をこなすモード。

クイックサービス

特定の物を、コースを周り配達するバイトモード。

カーチェイス

都市を乱すHUVを制圧するモード。追いかけて制圧すると報酬が貰える。

インスタントミッション

オペレーターからランダムに与えられる指令をこなすミッションモード。他と同時進行でプレイ出来る。

バトルモード

ユーザーと対戦ができるバトルモードは個人戦とチーム戦があり、自慢のドライブテクニックを他のユーザーに見せ付けるのに絶好のモードだ。チューンアップし世界最速・最強のドラバーを目指そう。

ドリフトシティの画像やSS(スクリーンショット)

ドリフトシティの評判

  • こういったレースゲーム的なカーレースゲームは他になく車好きにはたまらない
  • 人がかなり多く全体のチャットを見ているだけでもおもしろい
  • ch戦等、レースが楽しい。クエストが終わったらバトルゾーンだったり峠だったり、好きな場所をいろいろな人と走れる。
  • 気軽にゲームにログインして楽しめる。偶数時間帯にワンメイクカーで性能が統一されたリアルマッチタイムがあるので無課金でも楽しむことができる。バトル以外にもフィールドワークのクエスト、ラッシュタイム、カーチェイジングなどがあり、ライト課金で楽しめる。
  • 車、アイテム、クエストなどがとても豊富
  • 名前は伏せてるけど実車が出てくる。フリーランで自由に走れる。Lvがあがりやすい
  • 毎月発売されるため車の種類がすごく多い。無課金でもゲーム内のお金を貯めたら買えない車は1台もない。痛車やワイスピ風や環状形の車も自分で作れる。ミッションが終わった後もいろいろな方法でバトル以外にもかせげる。

無料でゲームするなら、今すぐ下記の画像をクリックして会員登録へGO!!

MMORPG

アクションゲーム

フライトシューティング

FPS/TPS

レースゲーム

スポーツゲーム

アバターゲーム

2D横スクロールゲーム

トレーディングカードゲーム(TCG)

シミュレーション/戦略ストラテジー

ネット対戦/ボードゲーム